関係者が驚いたクレジットカード現金化!

クレジットカード現金化の実態はどうなっていますか?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、クレジットカード現金化はこの2つの枠のうちショッピング枠を利用します。
業者を通して現金化することが多くなっています。

業者の実態は?

クレジットカード現金化では業者が殆ど無価値な商品を高額な価格で購入させ、その代金の一部をキャッシュバックとして口座に振込する方法、ブランド品や高級腕時計、金券などを購入させ、その商品を業者が買取する方法があります。
前者をキャッシュバック方式、後者を買取方式と呼んでいます。
どちらの方式でも換金率と言う仕組みがあり、80%から90%ほどに設定しています。
10万円の商品を購入し、換金率80%だと8万円の現金化ができる計算となります。
この場合だと目先の8万円の現金のために2万円を失ってしまうと言うのがクレジットカード現金化の実態です。
さらに分割払いやリボ払いだとクレジット会社への手数料までかかってしまいます。
キャッシュバック方式の場合、ビー玉数個など売ろうしても殆ど値が付かないものが手元に残るだけです。
買取方式の場合、商品は買取されるため一つも手元に残らないです。
キャッシング枠が無く、消費者金融や銀行の審査に受からない人が手を出すため多重債務になることがあります。

違法性は?

キャッシュバック方式の場合、届けている商品は仮装されたものであり貸金業法及び出資法による貸付に該当する可能性があります。
このようなキャッシュバック方式の業者は貸金業として登録していないため、貸金業法違反に問われる可能性もあるのです。
実際に派手な営業をしていたキャッシュバック方式の業者が出資法違反で逮捕されたことがあります。
そのためキャッシュバック方式の業者が少なくなりました。
買取方式の業者は買取店やリサイクルショップなどとあまり変わらない形のため違法性があるのかどうか判断が難しい状況です。
現在でもインターネットや実店舗で宣伝しながら営業を続けています。

おわりに

買取方式の業者では違法性があるとは言えないものの、クレジット会社では換金を目的とするクレジットカードのショッピング枠の利用を禁じています。
カードの利用停止や一括請求などのペナルティーを受けかねないために注意が必要です。
クレジットカード現金化は借金を増やすことになるため手を出さないようにして下さい。

比較した後に選ぶクレジットカード現金化TOPへ