関係者が驚いたクレジットカード現金化!

クレジットカードの現金化で振り込まれない場合はどうするべきか?

ここ数年の間にクレジットカードの現金化について、違法性や問題点、そしてトラブルの報告があります。その中でも、商品を相手先に送っても現金が銀行口座に振り込まれないといった問題があります。このような場合、どのようにするべきか非常に困ることと考えます。

クレジットカード会社への相談よりも被害届を優先に!

先ず、クレジットカードの現金化において、現金が振り込まれないといった場合はクレジットカード会社へ連絡をしようと考えます。しかし、基本的には現金化業者から商品を購入している訳では無く、商品や金券を発送する買取型の方法が利用されています。
そもそも、クレジットカードの現金化については、クレジットカード会社は契約違反行為と見做しており、毎月の支払停止を求めても自分自身の契約違反が発覚することとなり、クレジットカードの強制解約といった事態を招きます。この場合、クレジットカードが解約になるだけでなく、損害賠償の請求そして個人信用情報信用機関に金融事故として情報が登録されます。特に、信用情報によっては強制解約といった事実が残ることとなり、被害届を出しても自分の与信情報を傷付ける行為となります。

被害届は消費者センターや法律事務所の無料相談を活用!

さて、与信情報にダメージを与えず被害届けを提出する方法として、消費者センターや法律事務所の無料相談を活用するのが最適です。基本的にクレジットカードの現金化行為についてはグレーゾーンの部分が強いため、非合法と判断することは難しくなります。しかし、消費者センターまたは弁護士などから被害届けが行われます。特に、消費者センターの場合は、貸金業法および古物業法が適用される業者に対し、行政処分が行われます。現金化業者から現金が振り込まれないといった場合、行われることは登録の取消および被害金額の回収が行われます。ただし、被害者が多い場合は業者側が保有する資産がない状態も予想され、弁護士を通して被害相当額を回収することがオススメとなります。

振り込まれない場合まとめ

クレジットカードの現金化については、違法性が指摘されているだけでなく、業者側の管理不十分も問題となっています。そのため、現金が振り込まれないといったことが想定されるため、基本的には利用しないのがオススメです。しかし、利用せざる負えなく、被害にあった場合は速やかに対応することで泣き寝入りを防ぐことが可能となります。

クレジットカード現金化の本当の危険性はどこにあるのか?

クレジットカードの現金化については、消費者金融のカードローンは契約したくない、契約自体が面倒、そして新規借り入れが出来ないといった場合にいおいて、活用されることがあります。また、カードローンの契約までする必要がないといった方が一時的に利用することとなります。

表面上におけるクレジットカード現金化の危険性は?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為については、クレジットカード会社および日本クレジット協会、警視庁や弁護士会が注意喚起を行っております。そもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは利用者側の契約違反、現金化業者においては貸金業法違反が適用されます。
表面上では法律を犯す行為であり、利用した結果、クレジットカード会社に現金化の事実が知られた場合や現金化業者が摘発された際、そして利用時にトラブルが発生した場合は利用者自身も罰則を受けることとなります。
重い場合は、詐欺罪が適用され賠償請求といった訴訟問題に発展し、軽い場合でも強制解約および一定期間のクレジットカード契約が出来ない状態となります。

本質的な危険性はここにある!

さて、クレジットカード現金化において一番怖いのは、現金化時点で発生した手数料と毎月発生するクレジットカードの利息です。例えば、10万円の現金化を行った際、手数料として12%差し引かれることがあります。この時点で、12,000円のマイナスです。また、実際に手元には無い、12,000円を含めた金額に対し、リボルビング返済を行った場合、実質年利18%が適用されると1年間で、18,000円の利息が単純計算で発生します。結果、トータルで30,000円のマイナスとなってしまいます。これに出資法を適用した場合、明らかに上限金利を超え、利息上限法の年利20%を遥かに超えます。
ただし、現金化業者とクレジットカード会社の双方には繋がりがなく、利用者は非常に高い利息を支払う結果となってしまいます。これは、クレジットカード現金化の本質的危険性であり、利用者が注意するべき点です。

危険性まとめ

クレジットカードの現金化については、便利なサービスの様に思えますが、利用する際は非常に注意が必要なものとなります。特に一時の借り入れのために利用を検討される方がいると考えますが、消費者金融のカードローンの無利息期間を利用した方が断然、無駄な支払を行わずに済むということがあります。もし、ご利用を検討される方は、どのサービスが適切なのかしっかりと判断する必要があります。

法律のプロが認めた。関係者が驚いたクレジットカード現金化

クレジットカード現金化というと、皆さん違法であるといったイメージがあるんじゃ無いでしょうか。法律関係の友人にクレジットカード現金化についてキチンと検証してもらったところ、金融関係者が驚くような結果になりました。

まず、法律のプロの関係者にクレジットカード現金化が違法性なのか本当の考察を聞いたところ、驚いた事に『最初からクレジットカード現金化の目的でカード会社に申込をしていないなら大丈夫だろう。この場合は違法性を問えそうなのは、クレジットカード会社に損失を負わすことが目的でカードの貸与を騙し取る詐欺罪が適用できるか否かだが、分割払いを選択して1回でも返済していれば詐欺罪の立証は難しい。その他の危険性で色々イチャモンを付けれなくもないが、100%と言い切れないが違法性を問われる可能性はほぼ無い。』と言う驚きの答えが返ってきました。

クレジットカード現金化は法律の専門家から見ても違法性を問われる可能性はほぼ無いんですね。弁護士への相談サイトを見ても、友人と同じように100%とは言わないが違法になる可能性はほぼ無いそうです。

ちなみにクレジットカード現金化をして自己破産をする事も可能のようです。クレジットカード現金化を利用したので裁判所が免責を認めないといった事は考え難いとのことです。そもそも自己破産する人なら使っていない物はみんな売りますからね。

今迄クレジットカード現金化をなんとなく違法性に問われる可能性があると思っていた人は考え方が変わったのではないでしょうか。関係者が驚いたクレジットカード現金化、合法行為ですので安心して試してみて下さい。

借入手段の中で比較すれば優秀な部類?!比較した後に選ぶクレジットカード現金化

お金を借りたい(手にしたい)時、多くの人は色々な借入手段を比較した後に最終候補を選ぶのでは無いでしょうか。クレジットカードカード現金化は実は優秀な借入方法の一つです。クレジットカード現金化と他の借入方法を比較解説します。

・融資実行スピードを比較
融資までのスピードはクレジットカード現金化はあらゆる種類の借入方法の中で最速とされています。銀行カードローンは最高に上手くいっても即日、口座を持っていなければ数日、消費者金融であっても閑散期でさえ数時間以上かかる体たらくの中、クレジットカード現金化は30分もあればお釣りが来るほど早く融資されます。急ぎの人には是非選んで貰いたいもらいたい借入方法です。

・審査の簡易性を比較
銀行カードローンや消費者金融ですと、申し込みをして契約書類を送った後に、やれ職場への在籍確認だの、やれ指定信用情報機関の利用状況だのと重箱の隅をつつく様な審査がされます。銀行カードローンの審査通過率は20?30%以下、消費者金融も40%台以下と審査は難しく、複雑で、時間がかかって期待させた挙句審査落ちはザラにあります。クレジットカード現金化は審査そのものが無く、簡易性は他の借入方法とは比較になりません。

・コスト面を比較
メガバンク系銀行カードローンは300万円以上の極度額であるなら10%を切る金利コストになるので流石にコスト面で叶いませんが、消費者金融とは消費者金融金利とクレジットカード分割手数料の金利差を考え計算すると、返済期間が一般的な利用者の平均くらいにで返すのであればコスト面で大した違いは発生しません。

以上、三つの角度から比較したところ、クレジットカード現金化での借入方法はスピードが早く簡易で、コスト面でも決して他の借入に大きく劣っている訳ではありません。キチンと比較した後でしたらクレジットカード現金化を選ぶというのも決して悪く無い選択肢と思えるはずですので、クレジットカード現金化を手段の一つとして大いに利用して下さい。

関係者も驚くクレジットカード現金化の真実とは!?

土日祝日に現金が無くて焦った経験ありませんか?他にも一般的な金融機関が休みであるお盆、ゴールデンウィーク、年末年始などは何かと物入りな時期でもありますよね。実は金融機関がやっていない土日祝日、長期連休でもクレジットカード現金化は出来るんです。

ただしこれには条件があってジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行などのネット銀行の口座が必要になります。少し手間ですがこの口座があると24時間365日入金対応している関係者も驚きの現金化業者も存在するので1つ作っておくと良いでしょう。

また近年は女性専用プラン、レディースデイなど女性を意識したサービスを展開する業者が多くなりました。女性には女性スタッフが電話対応するのはもちろん、利用者を女性に限定する業者まで存在します。やはり女性は現金化に対し抵抗感がある方が多く、少しでも不安を取り除けたらという現金化業者の配慮からこういったサービスは生まれるのでしょうね。

請求書もクレジットカード会社から届くので闇金のような怖い取り立てがないのも安心感があり、ちょっと今月ピンチって時に便利だと主婦層の人気が高まっています。

すぐに決めないが鉄則!比較した後に最適なクレジットカード現金化業者を選ぼう

クレジットカード現金化業者は消費者の需要の高まりから近年急激に数を増やしていますね。選択の幅が広がった一方で消費者からしてみればどんな基準で業者を比較し選べば良いか分からないそんな状況も生まれています。今回は現金化業者を選ぶ上で重要なポイントを3つまとめたので参考にして下さい。

・高すぎる換金率に注意
高ければ高いほど良いんじゃないの?と思うかもしれませんが実は違います。業者が現金化サービスを安定的に提供するには人件費など様々な費用が生じるため換金率99%!なんてあり得ないのです。相場は80~90%と考え問い合わせした時にはっきりと換金率の説明をしてくれる業者を選びましょう。言葉を濁し換金率を明言しないのにも関わらず高換金率を謳う業者は悪徳業者だと思って下さい。

・振込スピードと営業時間は要チェック
現金化は審査不要で周囲にバレない秘匿性の高さから人気がありますがいつでもどこでも利用出来る便利さも重要なポイントですよね。特に夜間対応は業者によって大きく差が出る部分なので「夜間でも振り込みに対応してくれるか」は必ずチェックしましょう。

・接客態度で業者の質が分かる
全てがオンラインで完結すると言ってもその裏で働いているのは人間です。お金に関わる取引を行う訳ですからきちんと社員教育の行き届いた業者を選びたいですし、優良店ならばこのポイントを必ずクリアしています。

他にも押さえたいポイントは沢山ありますが最低限この3つ条件で比較した後に業者を選ぶとより快適な現金化ライフを送る事が出来ますよ。

驚くほどクレジットカード現金化業者を比較して選んだ口コミ

崇宏さん
42歳でアルバイト生活をしている男性です。かなり前にキャッシングをしたことがあるのですが、キャッシングを利用するとついつい借り過ぎてしまって返済に困ってしまいました。そこで、必要な時に現金化をするを方がお金を管理しやすいと思ったので利用しています。やはり、使い過ぎないので良かったです。

結実さん
52歳でパートをしている女性です。たまに家計が赤字になるので、そんな時にはクレジットカードを使った現金化で補てんをしています。おかげで主人にはバレることはないですし、少額から利用もできるので、返済も簡単にできて助かっています。

孝紀さん
32歳で現在は無職です。就職先は決まったのですが、生活費が足りないためクレジットカードの現金化を利用しました。サイトの宣伝の通りで、免許証だけ送れば他は何も必要ないので、無職の私でもどうにか現金を手にできました。

口コミで評判の良いクレジットカード現金化業者を比較するならこちら

サイトマップ